オートキャンプ白書

オートキャンプ、つまり自動車を利用したレジャーとしてのキャンプが一般の人々の間で行われるようになったのは自家用車が普及しはじめた1960年代です。高度経済成長により所得が増加すると同時に、モータリゼーションの発達で車による移動が容易になったことが背景にあります。

1970年代になって日本の経済が高度成長を終えて安定成長を迎えるともに、オートキャンプが急速に普及していきました。自然の中で家族と共にゆったりとした時間を過ごしたいという欲求が人々の間で強まり、オートキャンプはそのニーズに応える最適なアウトドアレジャーだったからです。1980年代に入るとオートキャンプ人口も急速に増え、1986年には500万人を突破しました。

このようにオートキャンプが広く普及したことを受けて、社団法人日本オート・キャンプ協会は1986年『オートキャンプ白書』創刊号を発刊しました。オートキャンプの現状を分析するとともに、今後の一層の普及に向けての課題をまとめたものです。

『オートキャンプ白書』はその後毎年版を重ね、キャンパー、キャンプ場、キャンプ用品、車の視点からオートキャンプを総合的に分析して、日本のオートキャンプの全体像を伝え続けています。

2016年のオートキャンプ

一般社団法人日本オートキャンプ協会刊行『オートキャンプ白書2017-おしゃれなイメージがビギナー拡大』によると2016年のオートキャンプ参加人口(年間1回以上オートキャンプ活動をした人)は、830万人と推定され、4年連続で増加しました。 2016年のキャンプ場の平均稼働率は14.0%で、過去最高だった2015年の13.5%をさらに上回りました。北海道島北部の豪雨や、熊本地震で被害が出たキャンプ場もありましたが、全体的には天候に恵まれたことがキャンプ場の利用客につながりました。日本のオートキャンプ参加人口は1996年にピークを迎えて1,580万人を記録した後、12年間減少の一途を辿りましたが、2009年の調査で前年比プラスに転じました。そのご2013年から4年連続で参加人口が増加したことは、日本のオートキャンプが国民的レジャーとして定着した証と言えるでしょう。


『オートキャンプ白書2017』はじめに

「今やアウトドアはファッションやインテリアをはじめ日常生活全般にそのテイストが取り入れられて、多くの人々の生活の細部にまで浸透しています。またSNS(ソーシャルネットワークサービス)などの影響により、キャンプの持つ開放感や自由な雰囲気などキャンプに対するプラスのイメージがますます拡がっており、こうした動きは今後も拡大を続けていくものと思われます。この「オートキャンプ白書2017」は、アウトドアレジャーのベースとも言うべきオートキャンプの現状を様々な角度から分析したものです。オートキャンプやアウトドアのみならず日常生活に関連するあらゆる業界でこのデータを活用頂ければ望外の幸せです。 」

オートキャンプ白書の購入



  (画像をクリックしてください)