オートキャンプ白書

オートキャンプ、つまり自動車を利用したレジャーとしてのキャンプが一般の人々の間で行われるようになったのは自家用車が普及しはじめた1960年代です。高度経済成長により所得が増加すると同時に、モータリゼーションの発達で車による移動が容易になったことが背景にあります。

1970年代になって日本の経済が高度成長を終えて安定成長を迎えるともに、オートキャンプが急速に普及していきました。自然の中で家族と共にゆったりとした時間を過ごしたいという欲求が人々の間で強まり、オートキャンプはそのニーズに応える最適なアウトドアレジャーだったからです。1980年代に入るとオートキャンプ人口も急速に増え、1986年には500万人を突破しました。

このようにオートキャンプが広く普及したことを受けて、社団法人日本オート・キャンプ協会は1986年『オートキャンプ白書』創刊号を発刊しました。オートキャンプの現状を分析するとともに、今後の一層の普及に向けての課題をまとめたものです。

『オートキャンプ白書』はその後毎年版を重ね、キャンパー、キャンプ場、キャンプ用品、車の視点からオートキャンプを総合的に分析して、日本のオートキャンプの全体像を伝え続けています。

『オートキャンプ白書2012』より

一般社団法人日本オートキャンプ協会刊行『オートキャンプ白書2012-震災とオートキャンプ』によると2011年のオートキャンプ参加人口(年間1回以上オートキャンプ活動をした人)は、720万人と推定され、前年の720万人から変わりませんでした。

2011年3月11日に起こった東日本大震災は東京電力福島第一原子力発電所の重大な原子力事故を招いて、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害をもたらしました。その影響を受けて閉鎖を余儀なくされたキャンプ場も多く、その後の自粛ムードや風評被害のために2011年のキャンプ活動は大幅に減退することが予想されました。しかし参加人口で見る限り震災はオートキャンプ活動に大きな影響を与えなかったと言えます。

キャンパーに対するアンケート調査でも、前年に比べてキャンプ回数が増えたと答えた割合は37.4%で、減ったと答えた19.9%を大きく上回りました。また、減った理由として震災の影響を挙げたのは2.7%にとどまる一方、逆に震災がきっかけでキャンプを始めたという回答もありました。

日本のオートキャンプ参加人口は1996年にピークを迎えて1,580万人を記録した後、12年間減少の一途を辿りましたが、2009年の調査で前年比プラスに転じました。そして今回の調査で未曽有の逆境下に前年並みの参加人口を記録したことは、日本のオートキャンプが国民的レジャーとして定着した証と言えるでしょう。