キャンパー

『オートキャンプ白書』によるとキャンパーの年齢は、20代から70代まで幅広い年齢層にわたっています。そのなかでも30~40代は全体の約8割を占め、家族のライフステージで言うと子育て世代に相当する人々の間でオートキャンプが広く行なわれていることが分かります。ここ数年キャンパー人口は700~800万人で推移していますが、毎年30~40万世帯が新たにキャンプを始めていると推定されます。

キャンプ経験年数は約6割が5年以下となってます。ここから子育て世代に達したファミリーがキャンプを始め、その多くが子育て期間に当る約5年でキャンプを卒業することがうかがえます。その一方でキャンプ経験6年以上の割合も増える傾向にありますが、それはオートキャンプを子育て期間に限定されず、生涯レジャーとして楽しむ人も増えていることを物語っています。

30~40代の子育て世代が全体の8割を占めていることもあり、同行者は「子ども連れ」が最も多くなっています。特に30代、40代では9割近くが子ども連れです。その一方で、60代では「夫婦だけ」が半数に達しており、子育てを終えた後も夫婦だけでキャンプを続けていることが分かります。

 「キャンプに行こう」と最初に提案するのは父親が最も多く、次いで母親、友人・知人の順。特に子育て世代について見ると、父親が提案する割合が高くなっており、キャンプにおける父親の主導権がうかがえます。これに対して20代は友人・知人に誘われるケースが最も多く、キャンプの同行者も友人・知人同志が7割近くに達しています。

これらのデータから、独身時代は仲間と誘い合ってキャンプし、家庭を持つとファミリーキャンプを楽しみ、子育てが終わると夫婦だけでキャンプするという生涯キャンプのパターンが見えてきます。


グラフで見るオートキャンプ

1年間のキャンプ回数 (2007年)1年間のキャンプ場宿泊数(2007年)
キャンパーの年齢 (2007年)キャンパーの職種 (2007年)
キャンパーの世帯年収 (2007年)オートキャンプの魅力 (2007年)
環境問題の関心度 (2007年)自然環境への配慮 (2007年)
キャンプで好きな過ごし方:1-2泊と5-6泊の比較(2006年)キャンパーの学歴 (1991年)


アメリカとの比較(2014年)

キャンパーの年齢

アメリカ         日本   
18-24歳12%      20歳未満0.9%
25-34歳23%      20-29歳8.4%
35-44歳15%      30-39歳35.0%
45-54歳17%      40-49歳36.7%
55-64歳20%      50-59歳11.3%
65歳以上13%      60歳以上6.4%

キャンプ回数

アメリカ         日本   
年3回以上8% (約850万世帯)      年3回以上30.1% (約90万世帯)
年2回13% (約1400万世帯)      年2回13.7% (約40万世帯)
年1回 5% (約480万世帯)      年1回54.9% (約170万世帯)
2年に1回5% (約480万世帯)          
たまにする13% (約1400万世帯)          
めったにしない14% (約1460万世帯)             
全くしない42% (約4400万世帯)          

キャンパーの年収(1ドル=120円)

アメリカ            日本   
300万円未満17%      400万円未満21.7%
600万円未満32%      600万円未満26.9%
900万円未満22%      900万円未満29%
1200万円未満15%      1000万円未満3.9%
1200万円以上15%      1000万円以上7.4%