キャンプ場

日本ではオートキャンプは1970年代から普及しはじめましたが、1990年代に人気が爆発的に高まりました。国や地方自治体を中心に全国的な規模でオートキャンプ場が建設され、その数は急速に増えていきました。『オートキャンプ白書2015』によると、現在日本には約1300のオートキャンプ場があります。

オートキャンプ場には、オートキャンプサイト、キャンピングカーサイト、フリーテントサイト、キャビン、バンガロー等のキャンプ施設がありますが、その数は全国平均でキャンピングカーサイトを含むオートキャンプサイトが67サイト、テントサイトが33サイト、キャビン・バンガロー等の宿泊施設11棟で、総収容能力は111サイトとなっています。地域別では多い順に甲信越129サイト、北海道127サイト、九州・沖縄120サイト、関東と東海・北陸が116サイトとなっています。キャンプ場の面積を見ると、2~4ヘクタール24.1%、4~6ヘクタールが10.2%、平均では8.5ヘクタールです。

「ゆとり」や「癒し」を求めるキャンパーの声を反映してキャンプ場の設備改善と充実が進んでいます。かつて快適なオートキャンプのシンボルともいうべき設備は水洗トイレ、温水シャワー、AC電源でしたが、これらは1990年代にほぼ100パーセント完備しました。現在これに代わるニーズは、ランドリー、風呂、そしてウォシュレット式トイレです。現在オートキャンプ場でのウォシュレットの普及率は、約35.9パーセントですが、一般家庭への普及率は7割を超えているので、今後さらに増えることが予想されます。

また、世の中のIT化が進むに連れて、キャンプ場選びにもインターネットが活用されています。ほとんどののキャンパーがキャンプ場を探すのにインターネットを使っていますが、その内訳は「キャンプ場のオフィシャルサイト」34.5%、「キャンプ場一覧サイト」24.2%、「口コミ情報サイト」10.7%となっています。これに対応してインターネット予約を行っているキャンプ場の割合も46.4%に達しました。いまやオートキャンプでもインターネットは欠かせないものとなりつつあります。

グラフで見るオートキャンプ

オートキャンプ場の立地環境 (2007年)オートキャンプ場の地域別平均サイト数 (2007年)
オートキャンプ場のバリアフリー施設 (2007年)都道府県別キャンプ場の数 (2002年)

アメリカとの比較(2014年)

キャンプ場の数

アメリカ            日本   
約25000箇所            約1300箇所   

キャンプ場での宿泊形態

アメリカ         日本   
テント54%      テント 60%
キャンピングカー 21%      キャンピングカー 5%
コテージ21%      コテージ 35%
その他4%            

キャンパーがキャンプ場に求めるもの

   アメリカ         日本 
1位トイレの清掃50%      トイレの清掃88.8%
2位子供の遊び場20%      スタッフからのアドバイス 27.3%
3位フリーWiFi19%      マナーの指導・注意 25.7%
4位ペットの持ち込み19%      救急医療体制の充実23.1%
5位安全照明17%      インターネット予約 17.9%

キャンプ場での好きな過ごし方

   アメリカ         日本 
1位釣り 52%      野外料理69.8%
2位ハイキング46%      家族団欒42.0%
3位周辺ドライブ42%      川遊び・海水浴32.8%
4位史跡訪問31%      散歩・自然観察32.5%
5位カヌー・カヤック27%      温泉 31.9%