クルマ

1990年代、バブル崩壊により景気が低迷し、自動車の販売台数が減少するなかで、ワンボックスカーやステーションワゴンなど、いわゆるRVは2桁台の高い需要の伸びを続け、国産車全体に占めるシェアも50%を越えるに至りました。

RVとはRecreational Vehicle の略で、日本語にすると「レジャー用途車両」です。アメリカではRVはキャンピングカーを指しますが、この言葉がアメリカら日本に移入されたとき、キャンピングカー以外のレジャー用途車、つまりワンボックスカーやオフロードカーなどを指す用語として用いられたため、これも一種の「和製英語」ということになるでしょう。それはともかく、日本語のRVにはセミキャブワゴン、ワンボックスカー、ステーションワゴン、オフロード4WD・SUVなどのカテゴリーがすべて含まれます。現在これらRVはキャンプに使用される車の約85パーセントも占めています。これに続くのがセダンの約5パーセントですから、いかにRVが多いかが分かります。でもRVが多いのはキャンプだけに限られていません。国産乗用車全体の登録台数を見ても、RVは6割近くに達しているのです。1990年代アウトドアが一大ブームになったとき、車を買うならレジャーにも使える車ということで、RVの販売台数がセダンを抜きましたが、その流れはブームが去った今でも続いています。

『オートキャンプ白書2015』によると日本のオートキャンパー全体のなかでキャンピングカーを使用しているキャンパーの割合は4.7%にとどまっていますが、その活動の実態はテントキャンパーとは大きく異なります。年間平均キャンプ回数について見ると、トレーラーを含むキャンピングカー所有者は7.3回で、全体平均3.5回の2倍以上に達しています。これはテントキャンプに比べて簡単に出かけられ、天候にもあまり影響されないキャンピングカーの特性を表わしています。延べ泊数について見ると、平均泊数は13.3泊で、やはり全体平均5.1泊の2倍以上と、活動意欲が極めて旺盛です。


グラフで見るオートキャンプ

キャンプに使う車のタイプ (2007年)1年間のキャンプ回数(2007年)
1年間のキャンプ泊数(2007年)

キャンピングカーの国際比較(2014年)

キャンピングカーの保有台数

アメリカ            日本   
約1000万台            約11万3000台   

キャンピングカーの年間登録台数

   アメリカ      日本
自走式キャンピングカー約35万7000台   約1万3200台   
キャンピングトレーラー 約4万4000台     約6600台

キャンピングカーの世界シェア

1位アメリカ63.8%
2位ヨーロッパ27.4%
3位オーストラリア5.6%
4位日本0.9%
5位南アフリカ共和国 0.8%