第4回みんなのキャンプ教室

キャンプはやってみたいけれど、なかなか始められないという人たちのキャンプデビューをサポートする「みんなのキャンプ教室」。今年は「オートキャンプの日」(5月の第3土曜日)を記念して5月21日に開催しました。

今回参加した8家族26人の受講者はみなキャンプは初めて。ほとんどの家族はテントをレンタルしましたが、なかには2年かけてキャンプ道具をすべて揃え車に満載してきたファミリーもいました。自分ではテントを買ったものだとばかり思っていたのに、箱から出してみたらスクリーンタープだったという笑い話も。

IFCCのメンバーは受講ファミリーとペアを組んでテントの立て方、キャンプ道具の使い方などをアドバイスしました。食事も一緒にメニューを考えて作りました。できあがった料理をビッグタープに持ち寄り夕食会。それぞれのファミリーが初めて野外で作った料理をお互いに楽しみました。

子供たちは2歳から10歳まで17人。2日間、池でオタマジャクシをすくったり、カメを捕まえたり、焚き火をしたり、鬼ごっこをしたり、荒川に飛び込んだりと、エンジン全開で遊びました。

2日目の昼食はソーメン流しをしました。キャンプ場の竹を切り倒して樋と人数分の器を作り、水と一緒にソーメンを流しました。大人も子供も流れるソーメンを割り箸ですくい取って、おなかいっぱい食べました。

アンケート

●子供が自然の中でみんなと一緒に思いっきり遊んでいるところを見て感動しました。母親としても子離れのいい経験になりました。それぞれの家族にパートナーがついてくれたので、快適にキャンプすることができました。自分なりにキャンプを通してやりたいことが見つかったと思います。ありがとうございました(埼玉Mさん)

●いろいろなキャンプ道具について、スタッフの皆さんに随時聞けたのがよかったです。使い勝手の善し悪しなど、具体的に教えてもらい、とても参考になりました。新しい発見もたくさんできました。スタッフの皆さん、本当にありがとうございました。(東京Nさん)