第8回みんなのキャンプ教室

キャンプはやってみたいけれど、なかなか始められない人たちのキャンプデビューをサポートする「みんなのキャンプ教室」。今年も「オートキャンプの日」(5月第3土曜日)の5月16日と17日の2日間にわたって開催しました。 今回参加した受講者は5家族。参加人数は指導員を含め大人23人、子供18人の計41人。受講者ファミリーはそれぞれ指導員の家族とペアを組み、初めてのキャンプを楽しみながらファミリーキャンプの基礎について学びました。

<1日目>

初日は順番に受付を済ませてから、スタッフのアドバイスを受けながらテントの設営をしました。それぞれ初めて立てたテントの前で昼食を取り、午後1時からいよいよ講習開始。前半の座学は屋外に円陣を組んで、ファミリーキャンプの意義、環境に優しいキャンプ、キャンプ場の利用の仕方、キャンプ道具の使い方について講習を受けました。後半の実技編では、鉈の使い方と火起こし、ダッチオーブンの使い方と試食、燻製の作り方を学びました。

夕食は豚丼と、それぞれのペアの好きな料理を作って食べました。料理はすべてお父さんが中心になり、子供もお手伝いをして作りました。夕食後の懇親会ではロッジシェルターに集まり、受講者がその日の感想を延べ、燻製のチーズやダッチオーブン料理、手作りのケーキなどを味わいながら、楽しい一時を過ごしました。

<2日目>

夜中に雨が降りましたが、朝にはやんでいました。各グループで朝食のホットドッグを食べてから、テントのたたみ方やキャンプ道具の片付け方などを学びながら撤収しました。11時からキャンプ場内の竹を切り倒してソーメン流しをしました。水場に竹の樋を設置して、水と一緒にソーメンを流すと、子供たちは大喜びでソーメンを割り箸ですくって食べました。

最後の振り返りでは、「家族で初めてテントを立て、野外で料理を作って楽しかった。参加してよかった」、「インターネットで学ぶのと違い、キャンプの楽しみを実感できた」、「子供たちがみんなで楽しく遊んでいたが、大人も他の参加者やスタッフの皆さんと交流を持てたのが良かった」などの感想が述べられました。

アンケートから

●あっというまの1泊2日でしたが、初めてのキャンプを非常に楽しめました。次回への意欲がわきました。有難うございました。(神奈川Kさん)

●適当にゆるやかな雰囲気で、気持ちよく有意義な時間を過ごさせて頂きました。また、よろしくお願い致します。(東京Tさん)

●皆さん非常にきさくでフレンドリーで、構える事なく過ごせましたし、聞きたい事も聞けました。(千葉Sさん)