第11回みんなのキャンプ教室

2002年から毎年開催しているIFCC主催「みんなのキャンプ教室」は今年11年目を迎えました。そこで気分一新、会場をこれまでの上長瀞オートキャンプ場から同じ埼玉県にあるケニーズ・ファミリー・ビレッジに移しました。ホームページで募集を開始した直後から申込みが殺到し、あっというまに定員の8家族に。そのため急遽定員の枠を増やして11家族になりました。受講者のなかにママライターがいて キャンプ教室に参加しながら取材をして情報誌「ハッピープール」にレポートしてくれました。

みんなのキャンプ教室体験ルポ(ハッピープール)


<1日目>

初日の土曜日は10時に受け付けを開始し、各自昼食を済ませた後、13時から講義が始まりました。「ファミリーキャンプの意義」、「キャンプ場の利用の仕方」、「環境に優しいキャンプ」の座学に続いて、キャンプ道具の使い方、ロープワーク、火起こし、ダッチオーブン、燻製作り、正しいBBQなどの実技を行ないました。

夕飯はそれぞれのグループに分かれて豚丼作りに挑戦。夜の懇親会は焚き火を囲んで消灯時刻の11時まで和やかに歓談しました。

<2日目>

2日目の日曜日は朝から晴天。ビュッフェスタイルの朝食を取った後、キャンプの撤収の仕方を学びました。10時から名栗川(入間川)で水遊びを行ないました。子供たちは腰まで水に入り、箱メガネを使って清流にすむカジカ、ハヤ、ヤマメなどを観察したり、カニやゲンゴロウなどの水棲生物を捕まえたり、夢中になって遊びました。

最後の振り返りでは、「初めてのキャンプで少し心配だったが、2日間想像以上の楽しさだった」、「手取り足取り指導してもらい大変楽しく有意義だった」、「子供が他の子供たちと一緒に夢中になって遊んでいるのを見て親として嬉しくなった」、などの感想が寄せられました。

アンケートから

●指導してくださる方にとてもきめこまかく、ていねいにして頂いて感謝しています。みなさまの作った夜のおつまみもとてもおいしかったです。(神奈川Kさん)

●キャンプについてだけでなく、川遊びなどのイベントもして頂いてとても有意義でした。ありがとうございました!(千葉Aさん)

●ささいなことでも丁寧に教えていただきありがとうございました。(埼玉Nさん)