みんなのキャンプ教室 in 埼玉

今年16年目を迎えたIFCC主催「みんなのキャンプ教室」は、第1弾を5月20/21日に埼玉県飯能市にあるケニーズ・ファミリー・ビレッジで実施しました。今年も人気が高く、募集開始後6日目に定員の8家族に達しました。受講者と指導員の家族合わせて40人が参加。1泊2日のキャンプを通して、テントの張り方、キャンプ道具の扱い方、薪割り、火起こし、ロープワーク、野外料理などを楽しく学びました。日曜日は夏日の炎天下、名栗川で水浴びをしたり、網で魚やカワムシやカエルなどを捕まえたりして遊びました。今回の特徴は子供14人のうち3歳未満が乳幼児が6人もいたことです。最後の振り返りでは「子供が小さいので不安だったけれど、他の子供たちと一緒にキャンプを楽しんでいるのを見て安心した」という感想もありました。

アンケートから

何が一番楽しかったですか?
こどもは水遊び、夫は食事、妻は設営や撤収のアドバイスが有難かったです。
何が一番有意義でしたか?
小さなことも全て質問できること、いろいろなアドバイスが頂けること。
不満に感じた点
特になし、本当に満足でした! すぐに埋まる理由が納得です。(東京Oさん)

みんなのキャンプ教室 in 山梨

今年も5月に引き続いて第2弾「みんなのキャンプ教室 in 山梨」を6月10/11日山梨県の黒坂オートキャンプ場でを実施しました。5月のケニーズ・ファミリー・ビレッジが川沿いの開放的なキャンプ場なのに対し、こちらは雑木林に囲まれた自然の恵みいっぱいのキャンプ場です。指導員と受講者の家族合わせて40人が集まり、1泊2日のキャン教室を楽しく過ごしました。日曜日はキャンプ場の石釜で各家族がピザを作って食べました。子供たちはキャンプ場内を流れる小川で沢蟹を見つけて大喜び。最後の振り返りでは、「キャンプはずっとあこがれていたけれど大きなハードルを越えた気がする。これから家族で楽しみたいた」、「自然の中でたくさん深呼吸できました」、「子どもの顔が今までに見ことがないほど輝いているのを見て感動した」などの感想が寄せられました。最後に全員で記念写真を撮りました。

アンケートから

何が一番楽しかったですか?
二日目のお昼の時間のピザを作る時
何が一番有意義でしたか?
夜、寒いところで寝て、もし地震が来た時そなえられるところ。テントや器具を実際に見て体験できたこと。
不満に感じた点
不満どころか大満足です。(東京Kさん)